\ポムミーの代わりはペライチ/

12月末でポムミーのサービスが終了します!

乗り換えがまだの方はペライチで無料作成
ブログクエスト カテゴリから記事を探す

ブログの直帰率が0%!低すぎる原因はアナリティクスコードの二重設置のせいだった【Cocoon】

ブログの直帰率が0%!低すぎる原因はアナリティクスコードの二重設置のせいだった【Cocoon】 エラー解決
ブログの直帰率が0%!低すぎる原因はアナリティクスコードの二重設置のせいだった【Cocoon】
この記事は約5分で読めます。

この記事では、アナリティクスで直帰率が0%に近い方に原因と対策方法をご紹介いたします。

周りのブロガーさんの直帰率を見るとだいたい80%くらいなのに自分のブログは0.38%!?

これって、もしかして超人気ブログになってきているのでは!?なんて大喜びしてはいませんか?

直帰率があまりにも低すぎる場合、All in One SEOとWordPressテーマ(cocoon)の設定でアナリティクスを二重に登録している可能性があります。

また悲しいことに直帰率だけじゃなくPV数にも影響が出ますので、アナリティクスの二重登録を解除して正しい数値にしましょう。

スポンサーリンク

ブログの直帰率が低すぎる原因

ブログの直帰率が低すぎるのは、アナリティクスコードを二重に登録していることが原因です。

冒頭で述べました通り、All in One SEOとWordPressテーマのアクセス解析欄のどちらにもアナリティクスコードを入れていると、二重カウントされて、PV数や直帰率がやたら優秀なブログ成績をたたき出します。

また、アナリティクスコードの設置の仕方によっては header.php に直書きした際にアナリティクスコードを二つ置いてしまっている可能性もあります。

どことどこが二重になっているか、一緒に確かめていきましょう。

アナリティクスコードが二重に追加されている場所を探す

まずはアナリティクスコードが2重に設置されているかを確認します。

自分のブログのトップページにアクセスして下さい。

アナリティクスコードが二重に設置されているかを調べる方法
アナリティクスコードが二重に設置されているかを調べる方法

トップページの何もないところで右クリックして、ページのソースを表示 をクリック。

するとこんな感じのソースコードが羅列されたページが出てきます。

アナリティクスコードが二重に設置されているかを調べる方法
アナリティクスコードが二重に設置されているかを調べる方法

ここで見るのは<head></head>の間に<!– /Global site tag (gtag.js) – Google Analytics –>アナリティクスコードが2つあるかどうかということ。

2つある場合、↑のように<!– /Global site tag (gtag.js) – Google Analytics –>が2つ存在しており、これがアナリティクスコードが2重に設置されている証拠です。

(私の場合は、すでに対処済みなのでコードの中身は無く、表記だけ存在している状態になっています。)

アナリティクスコードが2重に設置されていることがわかったら、次に対処法をご紹介いたします。

アナリティクスコードが2重に設置されている場所と対処法

人によって2重に設置している場所が異なるので、確認してほしい場所をご紹介いたします。

2つ以上当てはまれば、不必要なアナリティクスコードを削除してどれか一つにして下さい。

  1. All in One SEO
  2. WordPressテーマのアクセス解析欄
  3. テーマエディターのheader.php


1.アナリティクスコードが2重に設置されている場所① All in One SEO

ダッシュボード > All in One SEO をクリック。

アナリティクスコード重複設定 All in One SEO編
アナリティクスコード重複設定 All in One SEO編


スクロールしていくと、Google設定という欄があります。

ここにUA-xxxxxxxx-xというコードが記述されている方は、All in One SEOでアナリティクスコードを設置していることを頭の片隅に入れておいて次へ進んでください。

2.アナリティクスコードが2重に設置されている場所② cocoon設定

アナリティクスコードを設置したのは、ブログを立ち上げた直後だと思うので全然覚えていないかもしれませんが、実はCocoon設定にもアナリティクスコードを設定する場所があります。

ダッシュボード > Cocoon設定アクセス解析・認証 をクリック。

アナリティクスコード重複設定 Cocoon設定編
アナリティクスコード重複設定 Cocoon設定編


スクロールするとGoogle Analytics設定という欄があります。

ここにUA-xxxxxxxx-xというコードが記述されている方は、Cocoon設定でアナリティクスコードを設定しているということになります。

ちなみに、私は①と②の重複だったので、ここでAll in One SEOの方を消してCocoon設定の方を残して解決しました。

3.アナリティクスコードが2重に設置されている場所③ header.phpに直書き

上記①と②でアナリティクスコードの重複が見つからなかった場合、テーマエディタに直書きしている可能性が高いです。

ダッシュボード > 外観テーマエディタCocoon を選択。

アナリティクスコード重複設定 header.php編
アナリティクスコード重複設定 header.php編

上記の写真はすでにエラーを解決してしまっているので、重複している記述はありませんが、重複している場合は、赤枠内にUA-xxxxxxxx-xの入っているコードが2つあるはずです。

All in One SEOでもCocoon設定でも見つからなかった場合はheader.phpに直書きしてしまっている場合が多いので片方のアナリティクスコードを削除して、一つにしてください。

アナリティクスコードの重複設置対処後、どれくらいで正常に戻るか?

アナリティクスコードを一つだけにして設定を保存した後、すぐに戻らずにほかのところに不具合があるのかと焦りましたが、次の日には正常な値になっておりました。

おかげ様でPV数は半分以下、直帰率も0.38%から68%にまで上昇しました。(泣きたぁぁ~いいよぉぉ~アナリティクスめ!(大塚愛プラネタリウムより))

まとめ:ブログの直帰率が低すぎるときの原因と解決方法

ブログの直帰率が低すぎる原因はアナリティクスコードを2重に設置していることが原因です。

よく初心者が重複して設置してしまう箇所は次の3つです。

  1. All in One SEO
  2. WordPressテーマのアクセス解析欄
  3. テーマエディターのheader.php


ブログのPV数、直帰率が現実的な数字になったと思いますが、またコツコツ頑張っていきましょう。笑

タイトルとURLをコピーしました