\ポムミーの代わりはペライチ/

12月末でポムミーのサービスが終了します!

乗り換えがまだの方はペライチで無料作成
ブログクエスト カテゴリから記事を探す

【2019年版】Googleアドセンス審査に1発1記事で合格した方法

アドセンス1発1記事で合格 記事の書き方
アドセンス1発1記事で合格
この記事は約9分で読めます。

この記事ではGoogleアドセンスに1発1記事で合格する方法をご紹介します。

ブログを収益化したいと考えているみなさんの登竜門はなんといってもGoogleアドセンス。

ですが正直、初心者にはアドセンスに合格するミソが何なのか見当もつきませんよね。

「できれば一発で、少ない記事数で合格したい!」を解決するのがこの記事です。

アドセンスに合格するミソが何なのかを知っておくと、審査前の準備段階できちんとしたサイトを作って審査に出すことができますよ。

スポンサーリンク

1.アドセンス審査前に再認識しよう

ではさっそくレクチャーしていきますね。まずは心構えから。(はよミソを教えろやという方は一番下に飛んでね)

いまどうも、「副業」「学生が稼ぐ」「脱会社員」ブームが来ていて、敷居の低いブロガー業が再流行しているみたいなんですが、これだけは心構えしておいてください。

Googleアドセンスの審査に出す=看板屋さんになる


いまから皆さんはGoogle(広告主)にとっての看板業を営むわけです。これはいっぱしの社会人になるということであり、仕事をするということです。

Google=取引先
ちゃんと仕事していこうね


それだけです、本当にそれだけ。
が、これがアドセンスに1発1記事で合格したミソなんです。

2.アドセンス審査に1発1記事で合格した方法

私がアドセンスに1発1記事で合格した時にやったことをすべて書きます。

ただし、テクニックを求めている方はリターンしてください。ここにはテクニックではなく、やるべき仕事が詰まっています。

2.1ブログを開設する


あたり前中の当たり前ですが、ブログを開設してくださいね。笑

アドセンス審査に出せるブログは、WordPres.orgはてなブログProです。(※アメーバの有料バージョン、アメーバオウンドは×です)

どちらのブログにすべきか?
  • WordPres.org
    →はてなブログProよりは結局安いけどちょっと難しい

  • はてなブログPro
    →pv数は上がりやすいがWordPres.orgよりコストがかかる


ピリリ
ピリリ

お財布との相談にもなるけど、本気であればWordPres.orgがオススメだよ!

2.2見た目を整える

記事を書く前にテーマいれちゃうんですか!?


はいそうです、記事を書く前にテーマ入れちゃいます!

理由は、テーマを入れずに1記事目を書くと、書き終わった後に自分の作品(記事)を見て、ダサさにがっかりするからです!(モチベーション維持のためです)

ピリリ
ピリリ

ブログを開設するだけで結構疲れるので、開設した後はテーマを入れてワクワクしましょう。


テーマを入れるのは5分もあればできるのでサクッと入れちゃいましょう♪

初心者におすすめの無料テーマはCocoon

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。


無料で使いやすいのはCocoonです。(当ブログもCocoonを使用しています)

45種類のスキンがあるので、どれにするかはテーマ(親テーマ・子テーマ両方)を入れてから好きなものを選んでくださいね。

2.3記事を書く


やっときましたね、記事を書きましょう!
ここで記事を書くときのポイントが3つあります。

審査前の記事の書き方
  • アドセンス審査用の記事は書かない
  • 質の良い記事が1つ書けたらアドセンス審査に出す
  • 審査中も質の良いまともな記事を審査が終わるまで書き続ける


この記事を見て、初めてアドセンスの審査に向かおうとしている方は驚いているかもしれませんが、アドセンス審査中も記事を書き続けて下さい

ただし、毎日更新は必要ありません。質の良い、まともに仕事をした記事を2日、3日かけて作成し、投稿してください。

一つ書いたからはい終わり、だと看板屋さんとして営業できていないですよね?

「アドセンス審査に受かってから記事を書こう!」

ではなくてアドセンス審査中もブログをカスタマイズしたり、記事を書いたりと、きのうより今日、今日より明日、と毎日積み上げて下さい。

また、↓のようなよくあるアドセンス審査マニュアルはやらなくて大丈夫です。

よくあるアドセンス審査マニュアル
  • アドセンス審査の時は20記事~30記事用意する
  • 審査用の記事を用意する
  • 毎日更新する(←質が伴うなら可)
  • プロフィールでもよいのでとりあえず更新する


なぜ↑をやらなくて良いかといいますと、

審査用の記事を用意するためだけに20記事~30記事を書くのは初心者さんだと本当に時間がかかります。

審査用の記事をわざわざ書くくらいなら、自分がこれから書いていこうと思っている方向の話題で書いてた方がサイトのイメージも汚れません

「はやく受かりたい」のはわかるのですが、早く受かってもすぐにはお金が入ってこないので焦らずにきちんとお仕事して、一発で合格しましょう。(やり直しが一番めんどくさい!)

雑記?特化?ブログのテーマ選定戦略

初心者の方は、「好きなものを書きたい!」な方や、「いやいや売れないと意味がないから特化ブログでしょ」と意見が分かれると思います。

この時のテーマ選定方法ですが、
取引先のGoogleに私のブログを見てもらったとき、どんな方向性でやっていこうとしているのかが、すぐに伝わるようにテーマを2つ絞りました。

選定したテーマ
  • ブログ開設時のトラブルシューティング

  • 令和からの仕事論

要は雑記ブログでもなく、特化ブログでもなく、良いとこどりをした雑誌ブログなんですね。

これは大物ブロガーであるクロネさんからのアイデアであり、これをベースにテーマを選定しています。(クロネさんは4つくらい書くテーマがあっても問題ないとおっしゃっています)

「ブログ開設時のトラブルシューティング」にした理由

元SEさんでありながらもブログ開設を一発で済ませることができず、結局新しく開設しなおした上に、重大なミス5個ほどやってしまい、かなり苦戦しました。

その際、検索しても記事が出てこなかったので「私が書こう」と思いました。


ピンときましたかね?
検索しても記事が出てこない=ブルーオーシャンです。

一般的によく間違われるようなトラブルより、ニッチなトラブルをたくさん抱えていた人なので、「これだな、今の私にスッと書けるのは」と、まずはこれを一つ選定。

もちろん、雑記ブログにしたり、レッドオーシャンで戦うのもOKです。

「令和からの仕事論」にテーマを絞った理由

1つ目のテーマがニッチトップを目指すものなので、2つ目のテーマはある程度みんなに共通するようなテーマにすべきと考えました。

ここでさらに、ある程度みんなに共通するけどホットなキーワード+私だから話せることとして、懇願しても出来なかった転勤の話や、退職代行で失敗した話を書こうと思いました。

ニッチすぎるとアクセス数が伸び悩むので、それを回避するために男女ともに共通する、誰でも見てもらえる機会がありそうなテーマを選びました。

ただ、こういったことを徹底的に考え始めると、なかなかブログが書けないので、テーマ選定は本来であれば無料ブログで1か月~2か月ほど腕試ししている間にやっていただきたいです。

2.4お問い合わせフォームとプライバシーポリシーを設置

これから初めて、アドセンス審査に向かう人のために、お問い合わせフォームとプライバシーポリシーの設置に関して、わかりやすい記事をピックアップしました。

お問い合わせフォームの設置方法

お問い合わせフォームはプラグインを入れて設置しました。5分ほどでできるのでやっちゃいましょう!

WordPressで問い合わせフォームを設置する方法【初心者向け】
WordPressで作成したサイトに「お問い合わせフォームを設置する方法」を初心者向けに解説した記事です。今回は【Contact Form 7】という有名なプラグインを使った方法を紹介します。フォームのカスタマイズも簡単に可能です。


ちなみに見た目はこんな感じです。画像はお好きなものをどうぞ。(私はイラストACさんから取っています)

プライバシーポリシーの書き方

プライバシーポリシーに関しては、丸パクリはダメという決まりがあるので、テンプレートを用意してくれている記事をご紹介します。

WordPressのプライバシーポリシーの雛形(ひな形)【コピペで簡単】
サイト・ブログ用のプライバシーポリシーの雛形(ひな形)です。穴埋めで完成させられます。コピペして使ってください。サイト運営者の注意すべき点もお伝えしているので参考にしてみて下さい。


私は↓のように簡単に書いていますが、審査は通過しましたので、たくさん書いているから通るわけでもなさそうです。


ここで審査に出しました。
ここまででやったことをおさらいします。

  • ブログを開設
  • 外観を最低限整える
  • 質の良い記事を1つ書く
  • お問い合わせフォームとプライバシーポリシーの設置


他の方と違う点は、明らかに「質の良い記事を1つ書く」です。

「文字数が足りない」という見解があるようですが、無駄に文字数を多くするより、普通に仕事をする感覚で記事を書いてみて下さい。

記事の書き方がわからない方はこちら。

ブログが簡単に書ける「記事の書き方テンプレート」|クロネのブログ講座
この記事では、ブログを簡単に書ける「記事の書き方テンプレート」をご紹介します。 ブログ初心者で文章を書き慣れていない方は


私もまだまだ修行中で、しょっちゅうこのテンプレートを片手に記事を書いています。

↑のテンプレートを使うとくせの強い文章や、意見が偏った文章にならず、俯瞰して記事を書けるのでおすすめです。

2.5絶対に落ちないためにやること!審査に通過するまで書き続ける


先ほども申しましたが、審査に通過するまで看板を放置しておいてはいけません。

毎日記事を書く練習をしながら、取引先であるGoogleからのお返事を待ってください。

ただし、これも毎日PCを開いて作業しますが、実際に投稿(記事を公開)するのは2日~3日に1回でOKです。

初心者であっても、3日もかければ良い記事ができるので、↑で紹介したテンプレートを用いながら書いてみて下さい。

なかには本当に1記事だけGoogleに出して、その後何も更新せずに審査に通過している方もいるので、もしかすると合格するかもしれませんが、落ちてやり直しが一番面倒なので、個人的な見解としては、審査に通過するまで書き続けて、一発で合格してもらえたらなとおもいます。

ちなみに、初心者が記事を書くのにどれくらいかかるのかを調べるとこんな感じでした。

僕がブログを書く時間は『8時間』でした【高速化テクを解説します】
「ブログを書く時間ってどれくらいなんだろう?なにか高速化テクニックでもあるのかな?」←こういった疑問に答えます。本記事の内容:1.初心者がブログを書くのにかかる時間とは/2.ブログ執筆の高速化テクニック3選まとめ/3.まずは『楽しく書く』ことが最重要です


3000文字で8時間程度
とのことなので(私はもっとかかっている気がします)、これくらいはかかっても「私は向いていない…」とならず、誰か一人でも良いから喜んでもらえる記事を作りましょう!

※私が初心者の頃は、2000字程度なら毎日投稿しても負担がなかったですが、わりと3000字をも超えるタイプであり、これをやると結構しんどいので、当初は毎日更新せず、書くことになれるのを重視していました。

3.まとめ

アドセンス審査に1発1記事(審査時)で合格するには「仕事をする」という意識を持つことがミソです。

この意識さえあれば、「とりあえず読んでもらいたい!」と、読み手に不親切な釣り記事になったり、自分が読んでも明らかに内容不足になることもなくなります。

(まとめ) アドセンス審査に1発1記事で合格する方法

<やるべきこと>

  • ブログを開設
  • 外観を最低限整える
  • 質の良い記事を1つ書く
  • お問い合わせフォームとプライバシーポリシーの設置

<絶対に落ちないためにやっておいた方が良いこと>

  • 審査に通過するまで書き続ける

タイトルとURLをコピーしました